オンラインプレゼンをカッコよくしたい! ~ Web会議ツール比較編 ~

【目次】オンラインプレゼンをカッコよくしたい!

0. プロローグ 1. Web会議ツール比較編    

 

さて、前回私は一部の巷で言われている大型センサーを搭載した一眼カメラを使ってWeb会議に差を付けよう!という潮流に異議を唱えました。何故なら高画質、高精細のカメラを使っても肝心のWeb会議ツールが本来のカメラ性能を充分に発揮できる配信性能を持ち合わせていないからです。それを証明すべく、主要なWeb会議ツールの配信性能(解像度、ビットレート等)を調べてみました。

Web会議ツール配信性能比較表

※注意:本比較表は2021年3月現在のものです。Web会議界隈は日進月歩で改良、改善が行われていますので、最新情報は各自参照ください。

Web会議ルール 最大解像度

必要帯域(ビットレート)

HD画質への切り替え方法 備考 参照元
Zoom

無料プラン、プロプランは720pまで

ビジネスプラン以上は1080pまで対応

720p:1.5Mbps

1080p:3Mbps

管理画面で設定変更が必要

1080pは特定のクライアントバージョン以上が必要

fps上限は不明

Zoomウェビナーも原則同じ

Zoomへプルセンター
Microsoft Teams 1080p 30fps

ピアツーピア:1.5Mbps

グループビデオ:2Mbps

恐らく動的に変更される

ピアツーピアで1.5Mbps以上の帯域があれば1080p 30fpsでWeb会議が可能

しかし、グループビデオは540pが最大の模様(ヘルプが機械翻訳の模様でイマイチ理解できない)

Teamsライブイベントは720pに制限される

 

Microsoft Teams用に組織のネットワークを準備する

Teamsを使用してライブイベントを作成する

Cisco WebEx 720p 30fps

720p:1.8Mbps

 

恐らく動的に変更される 参照元の資料が2011年版と古いためアップデートがあるかも Cisco WebEx ネットワーク帯域幅 ホワイトペーパー
Google Meet 720p

720pの場合:送信は3.2 Mbps必要

受信は参加人数によって変わる

参加者 2 人の場合:2.6Mbps

参加者 5 人の場合:3.2 Mbps

参加者 10 人の場合: 4.0Mbps

恐らく動的に変更される

Google が一般公開している DNS サーバー(8.8.8.8)への ping コマンドのレイテンシは 50 ミリ秒未満である必要があります。

と記述があるので恐らく端末までのレイテンシで解像度が決定される模様

受信側は参加人数によって必要帯域が変わるというのは珍しい

fps上限値は不明 Google Meetライブストリーミングも最大720pの模様

パソコンの動画と音声の設定を変更する

Google Meet ハードウェア要件

 

上記の通り、Zoomのビジネスプラン以上とMicrosoft Teamsのピアツーピアの場合のみ1080pでの配信は可能ですが、それ以外は720p以下に制限されるということが分かります。

因みにYoutube Liveだと240pから2160p(4k)60fpsまで配信者側で自由に設定できます。高画質でライブ配信したい場合は、Youtube Live一択だというわけです。

結論

オンラインプレゼンをするWeb会議ツールが、Zoomのビジネスプラン以上且つ、グループHDを有効にしているもしくは、Youtube Liveを使っている場合以外は、大型センサーを搭載した一眼カメラを使っても意味ない。です。

更に深堀るとZoomビジネスプランというは300人までのWeb会議が出来るプランです。300人同時Web会議というのは現実的ではなく、ほとんどの企業が100人までのプロプランの契約でしょう。更にウェビナーはトラブルなく配信することが目的なので、わざわざ負荷が高いグループHDを有効にすること考えにくいです。また、ビジネスの場でYoutube Liveを使ってオンラインセミナーを開催しているところはあまり見かけません。事実上、Zoom、Teams、WebExが多い印象です。

というわけで、オンラインプレゼンでは大型センサーを搭載した一眼カメラは要りません。

おまけ

実はZoomの無料版、プロ版ともに無理やり(?)1080pで配信する方法があります。それは第2カメラを使うことです。やり方は以下の通り。

まずは普通にZoomミーティングを始めます。そして赤丸の画面共有をクリックします。

そして詳細をクリック

「第2カメラのコンテンツ」をクリックして「共有」をクリックします。

そうするとこのよう、そのカメラが取り込んでいる解像度をそのまま映し出すことができるようになります。

しかしこのやり方で配信した場合、帯域が充分にあれば問題ないですが、帯域が低いと解像度が固定されているためfpsがどんどん下がります。25fps程度に保てない場合はこの方法はおすすめしません。

さて、オンラインプレゼンでは大型センサー搭載の一眼カメラは必要ないことが分かりました。ではどのようなカメラがオンラインプレゼンに適しているのでしょうか。次回はカメラ選び編です。