【安全第一主義】イスラエルに聖地を見に行こう! 〜降誕教会(パレスチナ) 〜

【目次】イスラエルに聖地を見に行こう!シリーズ

0. 計画編 1. 準備編 2. 事前勉強編 3. 出発編
4. 入国編 5. マミーラホテル 6. ヴィア・ドロローサ編 7. 聖墳墓教会
8. 嘆きの壁 9. 神殿の丘 10. オリーブ山 11. 降誕教会

さて、今回はさらに足を延ばしてパレスチナに行きます。パレスチナと聞くと連想するのは”危険”というイメージです。パレスチナ問題とかで争いをしているニュースを見ます。パレスチナは厳密には国ではなく、現在は自治政府です。場所はイスラエルと接しており、イスラエルとパレスチナの間には分離壁と呼ばれる壁が建設され、自由な出入りは禁止されています。出入りには検問所で、厳しいチェックを受ける必要があります。

パレスチナ入りは観光タクシーチャーターがお勧め

さてそんなパレスチナですが、エルサレムからはバスでも行けますが、私は安全第一主義の精神に則り、観光タクシーをチャーターすることにしました。タクシーはホテルのフロントで手配してくれます。

目的地は降誕教会

さてタクシーをチャーターしてまでパレスチナ入りする目的は降誕教会(Nativity Church)への訪問です。降誕教会はイエス・キリストが生まれたとされる場所に建つ教会です。キリストが生まれた場所ということはクリスマスの聖地ってことですね。実際、毎年クリスマスには大勢の人が集まるそうです。場所はパレスチナのベツレヘムというところにあります。

早速タクシーで、ベツレヘムに向かいます。エルサレムを離れるとこの通り、ポツポツ建物はありますが、基本砂漠です。

因みにタクシーの運転手さんは基本いい人なんですが、観光タクシーというだけあって、道すがらマサダは行かないか、死海も行かないかと営業を受けますが、金額がよくわからないので、私はNO!の一点張りです。

そうこうしているうちに、パレスチナとの検問所に到着しました。私はビビってこの距離から写真を一枚撮ってカメラは隠しました。しかし思ったような厳しい検査はなく、すんなり通過できました。

検問所を超えて少し走ると景色がだいぶ変わってきました。これぞ中東といった雰囲気です。まさにゼロ・ダーク・サーティの世界です。

降誕教会に到着

降誕教会に到着しました。かなり大きな教会です。奥の人が集まっているところが入り口です。因みにタクシーの運転手は「僕は中に入れないから一人で行ってきて」とのこと。恐らくイスラム教徒なのだと思います。

中に入るとエルサレムにある宗教施設とはまた少し違った雰囲気です。壁や柱などに細かいレリーフが所狭しと描かれたり掛けられたりしています。人は少なく、すごく荘厳な雰囲気です。装飾もなんとなく、クリスマスのもみの木の飾りを連想させます。もしかしたらこちらが起源なのかもしれません。

そしてここがイエス・キリストが生まれたとされる洞窟の入り口です。この奥に小さな小部屋あるそうなのですが、私が行ったときは中でミサが行われており、一般の人は入れませんでした。残念。

でも、ここまでこれて感動です。ベツレヘムの生まれた場所、エルサレムの十字架にかけられた場所は今もこのように残っているのですからイエス・キリストは実在したんですよね。すごく感動します。

さて、降誕教会も堪能したので運転手さんを探して帰ります。すると運転手さんが車はこっちに止めたよと裏口の階段に私を案内します。変だなと思ってついて行くと、路上のお土産屋さんを紹介されます。この方、よく見ると片腕がありません。恐らく戦争で失ったのでしょう。運転手さんとも仲良く話してますので、顔なじみなんだと思います。持ちつ持たれつの関係なのかもしれません。歳は70歳ぐらいに見えるので、イスラエル建国より前からこの土地の住人なのかもしれません。パレスチナ問題の被害者なのかなとも思い、寄付の意味も込めて何か買っても良かったのですが、ここで気前の良さを見せてしまうといいカモだと思われて他も連れて行かされれるやもしれないと思い、ここは心を鬼にして「NO!No, Thank you!」と言って帰ることにしました。恐らくケチくさいアジア人だなと思われたことでしょう。

降誕教会はどこにあるの?

名称: 降誕教会(Nativity Church)
住所: Bethlehem

降誕教会編はこれで終わりです。次回はパレスチナのバンクシー編です。

 

【安全第一主義】イスラエルに聖地を見に行こう! 〜 オリーブ山 〜

【目次】イスラエルに聖地を見に行こう!シリーズ

0. 計画編 1. 準備編 2. 事前勉強編 3. 出発編
4. 入国編 5. マミーラホテル 6. ヴィア・ドロローサ編 7. 聖墳墓教会
8. 嘆きの壁 9. 神殿の丘 10. オリーブ山  

さて、旧市街の主要なところは大体回りましたので今回は少し足を伸ばして、オリーブ山まで行ってみます。

オリーブ山までの行き方

旧市街周辺からオリーブ山まではバスで行けますが、安全第一と時間短縮を兼ねて私はタクシーで行きました。旧市街周辺はタクシーはビュンビュン走っているので問題ありませんが、オリーブ山周辺はほとんど走っていません。ですが最後に訪れる写真スポットでピックアップすることができます。

昇天教会

タクシーで昇天教会の前で降ろしてもらいます。

オリーブ山の看板があります。

最初に訪れるのは昇天教会です。昇天教会はイエス・キリストが復活した際、天に昇ったとされる場所に立つ教会です。

中は大体、12,3畳程度でしょうか。決して広くはないです。

これがイエス・キリストの最後の足跡と呼ばれているものです。ありがとうの気持ちを込めて手を添えます。

主の祈りの教会

続いて訪れるのは昇天教会のすぐ近くにある主の祈りの教会です。

ここは「主の祈り」と呼ばれる教えというのでしょか、言葉をありとあらゆる言語に訳したプレートが整然と並んでいます。

中にはこのような一見、文字として認識できないような言語もあります。外国の方から見たら日本語もこんな感じに見えるのかなぁ。

これを見てハッとさせられました。ここはありとあらゆる言語でイエス・キリストの言葉を伝える施設です。そう、点字もありました。

もちろん日本語もあります。

日本語は教会の中にあっていい位置に置かせてもらってる感じがして誇らしくなります。

絶景写真スポット

最後はエルサレムといえばこの風景という感じの絶景写真スポットに行きます。場所は主の祈りの教会から坂を一度下ってまた上るといった感じです。セブンアーチーズホテルを目指せば迷わないでしょう。

じゃじゃーん。エルサレムといったらこの風景ですよね。池上さんのテレビ番組でもよく見ます。

感動的な景色です。手前が墓地で黄金のドームがThe Temple Mountです。

絶景写真スポットはどこにあるの?

名称: エルサレム写真スポット
住所: Jerusalem

オリーブ山編はこれで終わりです。次回は降誕教会(パレスチナ)編です。

 

賃貸でも絵を飾りたい!

賃貸でも絵を飾りたい!っていう人、結構いるのではないでしょうか。私がその一人です。

しかし賃貸物件は文字通り、借り物です。勝手に壁に穴を開けたりできません。ポスターを画鋲で留めるぐらいは許されるかもしれませんが、額縁に入った絵画を石膏ボード用のJ字フックで穴を開けて留めることは原則、許されません。

じゃあ賃貸物件住みの人は絵画を飾ることは諦めなければいけないのでしょうか。

そんなことはありません。同じ悩みを持つ人の役に立てばと、私がいろいろ試した結果をここで披露したいと思います。

私が目をつけたのは「フックの匠2kg」

なんかいい方法ないかなーと某東急ハンズを物色していて発見したのがこちらです。

その名も「フックの匠2kg

壁紙に穴を開けない。傷をつけない。キレイにはがせる!とあります。2kgだったら中くらいの額縁なら吊るせるんじゃないかと推測。一応、店員さんに聞いてみます。

「これで絵画を壁にかけることはできますか?」

「絵画はやめたほうがいいですね。そういう方いらっしゃるんですが、結局落下して、これ(石膏ボード用Jフック)で留めるやり方に落ち着くようです。」

うーむ。そうなのか。落ちちゃうのか・・・。そりゃあぶないな。でも本当だろうか?2kgまで対応と書いてあるなら少なくとも2kg以内のものは吊るせないと景品表示法違反になっちゃうし、落下しちゃうのはちゃんとのりを付けてなかったり、2kg以上のものを吊るしたりしてるからじゃないのかな。店員さんはおすすめしてなかったけど、これは自己責任で買ってみて検証だ!

というわけで一つ購入して実験してみることにしました。

旅行かばん用はかりで絵画の重さを計測

2kgまでなので、一つフックで2kgを超えないように正確に量る必要があります。私は旅行かばん用のはかりで計測しました。もしかしたら2kgオーバーで2箇所で留める可能性もあったのでアマゾンで2個セットのものを購入しました。

こんな感じで絵画を吊るして重さを量ります。

実際に量ってみると、片方で0.80kg弱、合わせて1.6kg程度であることが分かりました。これならフックの匠2kg一つで賄えそうです。

それでは早速、壁に貼って吊るしたいと思います。上の画像は別で買った1kg用ですが、使い方は一緒です。

使い方はパッケージの通りなので割愛しますが、やってみてわかったコツはまず①の接着剤を余らせずたっぷり塗って使い切ることと、②の壁に貼り付ける際、強く押し付けすぎないことです。この製品、接着剤が壁紙を凹凸を掴んでホールドすることで粘着力を高めているようで、②で強く押し付けて接着剤が横からはみ出てしまうと粘着力が低下します。できるだけまんべんなく且つ、壁紙、接着剤、プラスチックのプレートの順で層ができるようにつけると粘着力が高まるようです。貼り終わったら24時間そのままにして乾燥させます。

乾燥が終わったら試し吊り

24時間立ちましたので早速、といきたいところですが、若干まだ心配です。大事な絵画をかけて落下したら大変です。そこで一度試し吊りをしてみます。

試し吊りは最悪落下しても影響ない状態にすることです。私はこのようにピクチャーレールで使用するワイヤーを使って、床下ギリギリに吊るしました。更に万が一落下してもいいようにタオルを引いておけば安心でしょう。この状態でさらに24時間置いて、落下しないかを検証します。

さてこの通り、めでたく絵画を飾ることができました。飾ってから既に3ヶ月ほど経過してますが問題ありません。今のところ大丈夫そうです。

一点注意としては地震が起きた場合などは、フックの上が空いていること、耐荷重より負荷が掛かる恐れがあり落下の危険があります。枕元などはやめた方がいいでしょう。あくまでも自己責任でお願いします。